歯が欠損してしまったらインプラント手術!

インプラント種々を勧める医者 重度の虫歯や歯周病で抜歯をしたり、事故で歯を失ってしまったりした場合、抜けた歯をそのままにしておくと、食事がしにくいだけでなく、歯並びが悪くなってしまったり、噛み合わせのバランスが狂ってしまったりして、場合によっては、残っている歯や身体の健康に影響を及ぼしてしまうこともあります。
そのため、虫歯や事故など何らかの理由で歯が欠損してしまった場合は、すみやかに歯医者さんにて治療を受けることが大切です。

歯医者さんで受けられる欠損歯を補うための代表的な治療としては、欠損歯の両隣の歯を削って橋をかけるように人工歯を入れる「ブリッジ」があります。
他にも残っている歯にバネをひっかけて人工歯を固定する「部分入れ歯」、欠損歯の顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋入して人工歯根の上に人工歯を取り付ける「インプラント」などがあります。
これらの欠損歯を補うための治療法の中でも、近年注目を集めているのが、インプラント治療です。

インプラント治療が注目されている最大の理由は、ほかの治療法に比べて、「しっかりと噛める」という点において優れているからといえるでしょう。
埋め込んだ人工歯根に人工歯をしっかりと固定できるので、違和感が少ない、歯の欠損前と同等の噛む力を回復できる、固いものでもしっかりと噛むことができる、といった点が、インプラント治療の最大のメリットとなっています。
ほかにも、残っている歯を削ったり抜歯したりする必要がないため健康な歯に負担をかけることなく治療ができます。
人工歯の素材を選ぶことで天然の歯と変わらない自然な見た目を再現することができるといったメリットもあります。

多くのメリットがあるインプラント治療ですが、もちろん、注意しなければならないこともあります。
まず、インプラント治療では必ずインプラントを埋入するための手術が必要なため、手術による負担は避けられません。
場合によっては、インプラントを埋め込む部分の骨を厚くする骨移植手術のような補助手術を行うケースも出てきます。
また、保険適用外の治療法なので、各歯科医院やクリニックが独自に定めた費用を支払う必要があり、保険適用で受けられる治療法よりも費用が高くなってしまいます。

いずれにしても、インプラント治療を希望する場合には、専門医や指導医の資格を持つ、知識も経験も豊かな歯医者さんや外科手術など精度の高い治療が行える施設が整っている歯科医院やクリニックを選ぶことが重要だといえるでしょう。
また、インプラント治療では、手術後にもメンテナンスのために通院する必要がありますので、通いやすい歯医者さんを選ぶことも大切です。