入れ歯にするなら自分に合った素材を選ぼう

入れ歯 歯科治療の技術は日々進歩しており、今では治療歯科という概念から予防歯科を徹底しようという方向に時代は変化してきています。
それでも虫歯や歯周病の患者があとをたたないのは、口腔環境は人それぞれ違うために自分に適した口腔ケアができている人がそこまで多くないという背景があります。
歯の形や歯並びが同じ人は一人としていないように、ケアの方法もまたそれぞれ違ってくるということです。

歯の健康を維持するために一度深刻化してしまった虫歯や歯周病を治療するために、最終的には抜歯という選択をせまられることになる人も多くいます。
もちろん自分の歯をできる限り残すということは非常に大切なことではありますが、もう治療不可能なほどに重症化してしまっては、抜歯によって他の健康な歯を守るという方法をとるのが最善とする選択もあるのです。
そこで抜歯のあとの欠損を補う処置の一つとして入れ歯があります。
入れ歯とひとことに言っても非常に多くの素材があり、使用する人の口腔環境と相性の良い素材を選択することが違和感なく使用するためには大切なポイントとなります。

そもそも、入れ歯には保険適用と保険適用外の2種類が存在します。
保険適用の入れ歯の素材は主にプラスチックであり、床部分が厚めに作製されているという特徴があります。
これは強度を確保するためで、入れ歯の歯の色や形も限定されます。
一方、保険適用外つまり自費で作製する入れ歯に用いられる素材は実は非常に多くあり、レジン以外にも熱伝導の良い金属や柔軟性に富んでいる上に見た目も本来の歯茎に近いシリコン製などがあります。
これらの素材の特徴として、プラスチック製では厚めに作製し確保しなければならなかった強度が、薄く作製しても確保できるという点が挙げられます。
これによって口の形との相性が良くなり、不快感や違和感を大きく軽減させることができます。

しかし、ここで自分に合った入れ歯を作製するために重要なことは口腔環境との相性だけでなく体質との相性も考慮しなければならないということです。
具体的にはアレルギーが考えられます。
例えば、総入れ歯ではなく部分入れ歯には固定するためのバネであるクラスプと呼ばれる金属があります。
このクラスプが体質に合わない場合金属アレルギーを発症してしまう可能性があります。
そういった場合にはクラスプを使用しないノンクラスプの部分入れ歯を作製することになります。
ただし、これは一般的ではないため保険適用外となり自費で作製しなければならないという欠点があります。

この他にも自費で作製する入れ歯のメリットは多く挙げられます。
例えば衛生管理がしやすいという点や食事の際の噛み心地が良いこと、強度もプラスチック製よりも高いために長持ちすること、そしてなによりも入れ歯を装着している時の見た目への影響までも軽減してくれることがあります。
こんなにもたくさんのメリットがある自費で作製する入れ歯ですが、それ相応に費用はかかるため、自分の予算と求める快適さをよく考慮した上で自分に合った素材を選択することが大切です。