インプラント治療が失敗することは起こり得る?

歯科の診療室 手術はいかなるものであっても成功するに越したことはなく、患者は手術が成功することを前提にプロである医師に自らの身を託します。
しかし、人が自ら考え、人の手で施される以上、失敗するケースは必ず存在します。
これはインプラント治療においても同様です。

インプラント治療に失敗するとどのようになってしまうかは、治療のどの過程で失敗したかによって異なります。
よく起こることがある失敗は、インプラント体を骨に埋め入れたとき、角度や位置、深さが手術前のプランニングの中で決めたものとは異なってしまうというもので、ぐらつきが生じたり、脱落してしまったりすると、埋め入れたインプラント体を撤去し、再度埋め入れる手術をうけなければなりません。
もし、このとき骨や歯肉の量が不十分だと、別の場所から歯肉や骨を移植する手術も追加され、治療が長引くことになります。

固定されているはずの人工歯が短期間のうちに破損したり、外れてしまうことも、インプラント治療でよく起こり得る失敗例です。
これは、インプラント体と人工歯をつなぐアバットメントに緩みがあることや、人工歯を取り付けた後の噛み合わせ調整が不十分であることが主な原因です。

神経麻痺もインプラント治療の中で起こる可能性があるケースの一つです。
これは、事前の検査で神経の位置とインプラント体を埋め込む位置の把握が不十分なのが原因となって起きます。
口やその周辺にはたくさんの神経がありますが、インプラント治療では下顎の骨の中を通る下歯槽神経の損傷がおきやすいと言われています。
実際に損傷をしてしまうとしばらくの間、下顎を思い通りに動かしにくくなったり、唇のしびれが続くおそれがあります。

また、多くの手術においてもそうであるように、インプラント治療における手術でも出血を伴います。
治療の技術が進歩した今日では、出血量は多少にじむ程度にまで抑えられるようになりましたが、過去には手術中に患者が出血性ショックを起こして死亡した事例があります。
血管系疾患にかかったことがある人は、必ず術前に歯科医師にその旨を伝えておきましょう。

インプラント治療に成功すると、歯の状態が良好だったときとほぼ同じような感覚で食べ物を噛むことができるようになり、食べ物に含まれている栄養をきちんと体内に取り込むことができるようになります。
しかしその一方で、前述のようにこの治療にも様々なリスクが存在します。
インプラント治療を受けようかどうか悩んでいる人は、メリットだけでなくリスクも把握した上で結論を出しましょう。